シロギスの梅肉ソース

シロギスの梅肉ソース

シロギスの梅肉ソース

走水産の新鮮な釣り物のシロギスを炙りにして、梅干で和風の梅肉ソースを作り上にかけたものです。
刺身でも美味しいシロギスの皮を炙る事で、香ばしい香りとシロギス本来の上品な甘みが、梅肉ソースの酸味で引き立ちとても美味しくなります。
見た目と梅肉の酸味が、夏にぴったりの一品になります。

材料(1人分)

シロギス=20cm程度1匹
梅干=酸味が強いのが好きな方は塩分10%程度ものも1個
本醸造みりん=小さじ1杯強
大葉(シソの葉)=適量

作り方

三枚におろしたシロギスをバーナーで炙るシロギスはうろこを落として三枚おろしにし、血合い骨を骨抜きで抜き取っておきます。
金網などに皮の面を上にして皮目をバーナーで炙ります。
シロギスのおろし方は三枚下ろしの仕方6までを参照してください。


皮目を炙ったら氷水で冷やす皮目をバーナーで炙ったら、すばやく氷水で冷やします。
もたもたしていると、身に火が通ってしまいます。
生の食感と味を生かしたいので、出来るだけすばやく行ないます。
十分に冷えたら、キッチンペーパーなどで水分を良く拭き取ります。

梅肉ソースを作る

梅干の種を取り、包丁でペースト状になるまで叩きます。
ペースト状になったら本醸造みりんを混ぜ合わせれば梅肉ソースは出来上がりです。
今回使用している梅干は、酸味を強くしたかったので塩分10%の梅干を使用しています。
あまりしょっぱいのが好きではない方は、塩分濃度の低い梅干を使用してください。
但し、蜂蜜やダシの入ったものは不可です。シロギスの繊細な味が台無しになります。


シロギスの梅肉ソース炙ったシロギスを器に盛り、上に梅肉ソースを乗せたら、千切りにしたシソの葉を乗せて出来上がりです。
実は今回、25cmのシロギスの半身を2枚(要するに1匹分ね)使っているのですが…
一口で食べるサイズではなかったり(苦笑)
25cm程度のシロギスを使う場合は、半身を半分に切る事をオススメします(笑)