メジナのバターソテー マスタードソース

メジナのバターソテー マスタードソース

メジナのバターソテー マスタードソース

メジナをバターソテーして、ブラウンマスタードとホワイトポートワインで作ったマスタードソースをかけたものです。
ホワイトポートワインの甘みとブラウンマスタードの酸味が、特に女性にウケル美味しいメジナの創作フレンチに変身!(笑)
飾り付けをもっときれいに出来ればもっと美味しそうに見えるんだけど…
ワシの技量じゃこの程度かな(汗)
あっ、ちなみにこの器もワシ自作の備前焼丸皿です。
皿の出来は中々良い出来だと思っているんだけど。。。f^^;

材料(2人分)

メジナの身=40cm程度のメジナの半身 / 塩=適量 / 白胡椒=適量 / バター=40グラム / ニンニク=1粒
【マスタードソース】
ブラウンマスタードシード=大匙1.5杯 / サンデマン ホワイトポートポートワイン=30cc程度 / ブラウンマッシュルーム=2個 / 醤油=小さじ1弱
【付け合せ】
ブラウンマッシュルーム=4個 / ブロッコリー=2切れ
【マッシュポテト】
ジャガイモ=2個 / 牛乳=半カップ(90cc)程度 / 塩=適量 / 白胡椒=適量 / 無塩バター=10グラム

作り方

血合い骨を抜くメジナは三枚に下ろし、血合い骨を骨抜きで抜き取り、両面に軽く塩胡椒をして冷蔵庫で15分ほど休ませておく。(皮は付けたままで良いです)
三枚下ろしの手順は、メジナ(グレ)の捌き方を参考にしてください。
その間にマッシュポテトを作る。
マッシュポテトの作り方はメジナのポワレ 柚子風味ソース前半の作り方を参照してください。


ブラウンマスタードを石臼で潰すブラウンマスタードシードを少量の水を加え石臼などですりつぶしておきます。
粒のブラウンマスタードが手に入らない場合や、すりつぶすのが面倒な場合は、ペルシュロン 種入りマスタード等を使うと良いでしょう。
ちなみにマスタードは火を通すと全く辛みがなくなりますので、辛いのを作りたい方はソースを仕上げてから普通の洋辛子を入れると良いと思います。


メジナをバターでソテーするメジナを冷蔵庫から出し、表面の水分をキッチンペーパーなどで拭き取り4等分にします。
フライパンにバターと潰したニンニクをいれ、中火でメジナを皮の面からソテーします。
画像のようにフライ返しで押さえつけながら焼かないと、メジナの身が反ってしまいます。
通常海の魚は身の方から焼きますが、皮面を下にして押さえつけながら焼き上げる事できれいな形に焼きあがります。


メジナをバターでソテーする皮の面に焦げ色が付いたら返し、スプーンなどで溶けたバターを皮面にかけながら焼き上げます。
こうする事で皮の面がパリパリに焼きあがります。
この時ブラウンマッシュルーム4個も入れて一緒にソテーします


メジナのバターソテー マスタードソースメジナの身が焼きあがったら器にマッシュポテトを盛り、その上にソテーしたメジナを付けます。
フライパンに残った溶かしバターでスライスしたブラウンマッシュルーム2個分を炒めます。
マッシュルームを炒めたら、ホワイトポートワインとすり潰したブラウンマスタードを入れて更に炒め、仕上げに少量の醤油で香りをつけたらソースの出来上がり。
器に盛り付けたメジナの上にソースを掛ければ出来上がりです。


ここ最近メジナばかり釣ってるので、刺身はいい加減食べ飽きてしまいこの様なレシピを開発していますが、この料理も我ながら中々の出来だと思います。
メジナの刺身を食べ飽きてしまった方、メジナしか釣ってこない旦那を持つ奥様にお勧めのレシピです(笑)
あっ、ちなみにメジナを余り食べた事がない、または釣った事が無いという方は、ワシの釣りサイト食いたい魚は己で釣れにメジナの釣行日誌、メジナの仕掛けと釣り方は爆釣!釣仕掛に掲載してますので是非参考にしてやってくださいな♪