メジナ餃子

メジナ餃子

メジナ餃子

メジナを使った餃子です。
ここの所メジナしか釣ってないので、メジナ料理の幅を増やそうと色々試行錯誤していたりします(笑)
このグレ餃子、メチャクチャ美味しいとまでは言えませんが、メジナの刺身や焼き物に飽きてしまった方にはとてもお勧め!
「餃子」と思って食べると「?????」と言う感じなのですが、「こういう料理だ!」と言う認識で食べればあら不思議!食べ飽きることなく後を引く美味しさだったりします。
と言うわけでメジナ餃子のレシピをば。

材料(24個分)

メジナ=35cm程度の身 / シソの葉=5枚 / わけぎ=4本程度 / 味噌=大匙2
白胡麻=大匙2 / 紹興酒=大匙1 / 餃子の皮=24枚
餃子の皮を自分で作りたい方は、特選男の料理皮から作る焼餃子の作り方を参照してください。

作り方

グレ餃子の材料メジナは三枚に下ろして皮を剥ぎ、血合い骨を取ったら荒めの微塵切りにします。
シソの葉、わけぎ(または長ネギ)も微塵切りにします。
メジナの捌き方はメジナ(グレ)の捌き方を参照してください。


グレのたたき分量の白胡麻と味噌も入れ、出刃包丁で叩きながら、紹興酒以外の材料を合わせていきます。
若干粘り気が出るまで叩きます。
材料に粘り気が出てきたら、最後に紹興酒を大匙1杯ほど入れて良く混ぜ合わせます。


餡を包む出来た餡を餃子の皮で包み、フライパンで焼きます。
羽根突き餃子を作りたいときは、冷えたままのフライパンにごま油を入れ、火を付ける前に餃子を並べて、並べ終わってから中火にします。
火をつけたら大匙1杯程度の薄力粉を半カップ程度の水で溶いだ物を上から回しかけフライパンに蓋をして焼き上げます。


メジナ餃子焼き上がりは水分のパチパチと言う音が出なくなる手前が焼き上がりです。
焼きあがったらフライパンに皿をさかさまに置き、そのままフライパンを返せばきれいに皿に餃子が乗ります。
醤油だけで食べる方が美味しいと思います。
あとは洋ガラシも合うと思います。


そこそこ美味しく仕上がるのですが、今回のレシピだと「チョット一味足りないかな?」と言う出来上がりになりますf^^;
今回は適当に作ってしまったので改善の余地がありますな。。。
生姜とかニンニクを入れちゃうとメジナのアジが全くなくなってしまうので入れませんでしたが、ニラなどは少し入れれば良いかもしれません。
もっと美味しく出来る自信のある方、チャレンジしてみてください。
で、美味しく出来たらレシピ教えてくださーい(笑)