タコのジェノベーゼ

タコのジェノベーゼ蛸の下処理と茹で方で紹介した、松輪産のマダコを、ジェノバソースでイタリアン風に仕上げたものです。
その昔、蛸を食すのは日本人とイタリア人だけだと言われたほど、蛸とイタリアンは良く合います。
ジェノバソースの作り方は、姉妹サイト(兄弟サイトか?)の特選男の料理に掲載していますので、ご自分で作る方は参照してください。

材料(二人分)

茹蛸の切り身=適量(5mm程度の厚さに切った物を16枚程度)
ラディッシュ=2個
ジェノバソース=適量
トマト(小)=1個
白胡椒=少々

作り方

タコのジェノベーゼ5mm程度の厚さに切ったタコを皿に並べて軽く白胡椒を振り、
1mm程度の厚さに切ったラディッシュをタコの上に乗せ、ジェノバソースをその上に乗せます。
あとはみじん切りにしたフレッシュトマトを載せるだけです。


ジェノバソースだけあれば簡単に出来てしまう上、とても美味しく仕上がります。
美味しく作るコツを挙げさせてもらえば、美味しいタコと美味しいジェノバソースを使うと言うことぐらい。
簡単に出来て見た目もソコソコそれっぽくなるので、不意なお客さんの時にも良いかも?(笑)