石鯛の皮の竜田揚げ

石鯛の皮の竜田揚げ

石鯛の皮の竜田揚げ

先日海苔メジナのこじまさんから有ったリクエストの、日本酒に合う魚料理第二弾!(笑)
先日釣友の田中さんに頂いた石鯛の皮を竜田揚げにしました。
真鯛や黒鯛などでも良くやるのですが、脂の乗った石鯛の皮は絶対に美味しい筈なのでやってみた所これが又中々の絶品!
日本酒にも良く合いますぞ!

材料

石鯛の皮=1匹分(今回は50cmの石鯛の皮です)
生姜=15グラムぐらい
純米酒と醤油=切った石鯛の皮がヒタヒタになる程度で1:1の割合
片栗粉=皮にまぶせる量
その他=ワサビ(練りワサビでOK)適量
使用している純米酒と醤油は、
越乃景虎 名水仕込特別純米
井上醤油店 井上古式醤油(本醸造)
です。
醤油と純米酒の味で出来上がりの味も左右されますYO!
特に醤油は香りとコクにかなり違いが出ます。井上醤油店 井上古式醤油(本醸造)を使うと、昔ながらの醤油せんべいのようなとても香ばしい香りが強く出て、味にも深みが出ます。

皮の竜田揚げの作り方

石鯛の皮を切るイシダイのお造りの時に剥いだ皮は、流水で軽く洗って表面の水分を良く拭き取り、5cm角程度の大きさに切り分けます。


たれに漬け込む切り分けたイシダイの皮をボウルなどに入れ、純米酒、醤油、摩り下ろした生姜を合わせた調味料に30分ほど漬け込みます。
味が濃いのが好きな方は、醤油の分量に対して純米酒を半分以下の分量に調整してください。


竜田揚げ30分漬け込んだ皮に片栗粉をまぶします。
ビニール袋に片栗粉を適量入れ、その中に漬け込んだ皮を入れて振ればきれいに片栗粉をまぶせます。
片栗粉をまぶしたら180度に熱した油で揚げれば完成です。揚げ時間は5分程度かな?
表面に出てくる泡の量が少なくなり、まぶした片栗粉が色付いた頃合です。


イシダイの皮の竜田揚げ良く油を切ってから器に盛り付けます。
今回、醤油と純米酒の分量は1:1なので、味付けは若干薄めです。
味付けを薄くしたのは、食べるときにワサビをつけたかったからなのですわ。
もちろんそのまま食べても美味しいのですが、ワサビをつけることで、より美味しくなるのです。
ちなみにこの皿は、ワシの自作で備前焼きの平鉢だす。


イシダイの皮の竜田揚げは、外はサクサク、中はモチモチとした食感で、これが又日本酒と良く合うのですわ♪
ワシは酒は量を飲まないほうなのですが、この手のおつまみは酒が進んじゃいますなf^^;
酒飲みじゃなくても、おやつ感覚で美味しく召し上がれますよ♪