黒鯛(チヌ)のマゴ茶漬け

黒鯛(チヌ)のマゴ茶漬け

黒鯛(チヌ)のマゴ茶漬け

クロダイの漬けを使ったマゴ茶漬けの作り方です
刺身に飽きた時や、刺身が余ってしまったときなど、チヌの刺身を漬けにしてこのような召し上がり方もなかなか良いと思いますYO。

作り方

■クロダイを三枚におろし、サク切りにした物に軽く塩を振り30分ほど冷蔵庫で寝かせます。
(水分を抜くためです)
■30分程度寝かせたら、キッチンペーパーなどで表面を押さえるようにして水分をふき取ります。
■昆布を日本酒で拭き、上記の身を昆布ではさみ、2時間以上冷蔵庫で寝かせます。
■醤油・みりん・酒を合わせた調味液に昆布締めした身を適当な大きさに切って1時間ほど漬け込みます。
(好みに合わせ、味が濃いのが好きな方は1時間以上漬けてください)
■器にご飯を入れ、好きなだけ身を乗せたら、クロダイのアラでとった出汁を上からかければ出来上がり。

出汁のとり方

適当な大きさに切ったクロダイのアラをザルなどに敷き詰め、上にサラシ(無ければキッチンペーパー)
をかけ、熱湯を回しかけて霜降りにさせます。
血合いや内臓、血管等の残りをきれいに取り省きます。
なべに適量のお湯を沸騰させ、昆布で出汁をとり、その中に下処理をしたアラを入れます。
アラを入れた後は、中火にし、日本酒少々(大匙2程度)と塩を適量入れ味を調えます。
グツグツ煮込んでしまうと臭みが出てしまいますので、アラを投入した後は沸騰させないように火力を調整してください。
途中で出てきた灰汁は丁寧にすくってください。